政策提言活動情報

EVENT CALENDAR

2020年6月
月の全体表示はココをクリック

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30
  • BEFORE
  • NEXT
会員メリット 知ってお得 三資企業部会 中国経済と日本企業白書 社歌貢献活動 陳言さんのウィークリーコラム 中国経済週報

政策提言活動情報

政策提言活動情報

海関総署との白書意見交換を実施

  • 掲載開始日時:2016.11.16
  • 掲載終了日時:2020.11.18

海関総署との白書意見交換を実施

 

渉外委員会は、11月8日(火)に海関総署に対して2016年版白書を活用した意見交換を実施しました。

海関総署からは、国際合作司の劉健副巡視員(副司長級)をはじめとする6名の方々が出席。

日本商会からは、松井渉外委員長(三菱商事)をはじめ、日系企業4社4名の方々と事務局、合計10名が出席しました。

 

当日は、2016年版白書の概要説明とともに、日系各社より主に以下の要望について申し入れを行いました。

 ・HSコード分類および外国人引越し荷物に関する税関間の運用統一

 ・日中間のEコマース発展に資する設備の拡充および制度改訂

 ・通関時の証憑書類の統一、原産地証明書への輸出価格記載の免除

 

劉健副巡視員からは、日本商会との交流を歓迎しており今後も密に交流したい、との意向が示されました。また、日系企業から要望が多いHSコード分類にテーマを絞った分科会の設置など、継続交流を提案したところ同意をいただくことができました。交流方法については事務局内で検討しております。

 

海関総署に対しては、意見交換の実施を打診していたところ、11/4(金)夕刻に日時に対する回答がありました。実施は11/8(火)と急な開催案内となってしまったにもかかわらず、複数の会員企業の方々に当日ご同席をいただき、感謝いたします。

 

渉外委員会では、年度方針として中央政府5部門に対し白書意見交換を行うこととしております。7月の商務部、今回の海関総署との交流が実現し、残りの3部門に対しても継続して意見交換の実施を提案しております。

開催にあたりましては、引き続き会員各社のご協力をいただきたくお願い申し上げます。

 

 

一覧に戻る